「中学の部活動、週休2日に」から考える

様々なアスリートを指導する立場におられる、指導者や親御さんへ

スポーツ庁が、1月16日に「中学校の運動部の活動時間について、平日は2時間、土日は3時間以内とし、週2日以上の休養日を設ける指針案を公表」した、というニュースがありました。

「短時間で効率的な練習を促すことで生徒のけがを予防し、勉学など部活以外の機会を確保。顧問教員の負担も減らす。3月に正式な指針をまとめる。」とのことです。

これは、「若年層のスポーツトレーニング時間に対する指針」ではなく、「学校部活動に対するもの」であるという点について履き違えることなく受け取らなければならないと思います。

その前提に立った上で、私はこの流れは非常に興味深いなと感じています。

近代スポーツの草創期から続いてきた、

「”根性論”がまかり通るスポーツ指導のあり方」
「練習量の”多さ”を正義とするかのような指導のあり方」

が見直されざるを得ないと感じます。

続きを読む

カテゴリー: アスリート研修 | コメントする

アスリートは”頭(アタマ)を使う”ことでさらに飛躍できる!

様々なアスリートを指導する立場におられる、指導者や親御さんへ

このブログをスタートして、ちょうど2ヶ月となりました。
本日はあらためて、私たちホープスが、アスリートに対してできることをお伝えさせていただきます。

主なものとして、以下の3つがあります。

1)競技成績に影響を与える知識や思考法を知ることを通じて、日々の練習の密度・効率を高めることや、試合において実力を発揮できる確率を高めることができます。

・質問力の高め方
・目標設定&目標管理
・PDCA サイクル
・チームビルディング
・論理的思考法
・コミュニケーション
・微細感覚トレーニング
・メンタルタフネス など

続きを読む

カテゴリー: アスリート研修, ホープスがアスリートにできること | コメントする

ドーピングはなぜ許されないのか?についてその本質を考える

様々なアスリートを指導する立場におられる、指導者や親御さんへ

ドーピングはなぜ許されないのか?について、思考のトレーニングとして考えてみたいです。
(ちなみにここでの「許されない」は、「絶対にやってはいけない」という意味で使っています)

もちろん、それは「ルールで決められているから」という答えが最初に来ることに異存ありません。

ですがそれでは、「ルールで決められて “いなければ” いいのか?」という問題が積み残しになります。

そこが残ったままだと、「これは禁止指定がされていないから大丈夫」というような抜け穴探しが始まり兼ねません。

続きを読む

カテゴリー: アスリート研修 | コメントする

チームをビルディングするって、どういうことだろうか

様々なアスリートを指導する立場におられる、指導者や親御さんへ

少し前の情報のご紹介となりますが、2017年5月17日の、コルク代表 佐渡島庸平さんのnoteを読んで考えていました。

https://note.mu/sady/n/nbc3a7cf5d802

チームってなんだろう…

私は、アスリートの方に向けてチームビルディングの研修をさせていただく機会がそれなりにあるのですが、毎回毎回プログラムの中身が定まらず、伝え方が定まらないのが実情です。

続きを読む

カテゴリー: アスリート研修 | コメントする

勉強とスポーツ、両方のレベルが上がると世界が変わる

様々なアスリートを指導する立場におられる、指導者や親御さんへ

スポーツ×ライフスタイルWEBマガジン「MELOS −メロス−」に、いつも仲良くしていただいている、横田真人さん(ロンドンオリンピック2012に800m日本代表として出場)がロングインタビュー受けておられました。

https://melos.media/children/19693/

横田さんのお人柄がそのまま出ているような、ホワっとした印象ですが、でもやはり語っておられる内容には、トップアスリートになるだけあって、さすがの軸と信念が感じられました。

「勉強とスポーツ、両方のレベルが上がると世界が変わると思っています。ふつうであれば会えないような人と会えるようになるし、新しいものが見えてくる。」

続きを読む

カテゴリー: アスリート研修 | コメントする